バイナリーオプションで儲かるのは業者だけ?

バイナリーオプションで儲かるのは業者だけという噂がありますが、本当でしょうか。

実はこれは事実です。ほかのギャンブルや投資と同じく、同元である業者は損をしないようになっているのです。

その儲かる仕組みとはどのようなものかを解説しましょう。

まず、バイナリーオプションの業者が得る利益についてです。

顧客が口座を開設して資金を入れます。そしてトレードを行うわけですね。

その時、手数料やスプレッドと言うものはありません。この段階ではまだ業者に何も利益が無いのです。

そして顧客が負けた場合、その投資資金は回収されますね。

勝った顧客にはペイアウト率に応じた支払いが行われます。

その時の原資は負けた顧客から回収した資金です。

支払いがすべて終わると、残ったものが業者の利益となります。

勝つ顧客の数が多いと業者の手元には利益が残りません。しかし業者はエントリーする顧客の数を調整することができます。

つまりハイローであれば、上昇に賭ける顧客と、下降に賭ける顧客の数が釣り合うようエントリー枚数を見て同数くらいになるようにするのです。

そうすると、ペイアウト率が2倍を超えなければ業者の手元には必ず利益が残ります。 これがバイナリーオプションで業者が儲ける仕組みですね。

当然ですが、難しいトレードであれば、負ける顧客数が増えるので、ペイアウト率を上げても利益として得られる金額が増えます。

このようにして業者は確実に利益をあげていくのです。

参考情報元: バイナリーオプション業者評判ランキング

バイナリーオプション業者

ファンダメンタルズ分析とかテクニカル分析をちゃんと使い分けよう!

株の入門者にとって分からないのが分析方法です。よくファンダメンタルズ分析とかテクニカル分析とかよく聞きますよね。

最初は何がなんだか分からないものですが、入門者でもテクニカル分析というのは、覚えておくと便利な分析方法の一つです。

テクニカル分析というのは、簡単にいうと短期的な売買において、いつ買えばいいのか、売ればいいのかというタイミングを知るために有効な分析の一つです。

具体的には、チャートパターンやテクニカル指標を使って売りどきを見極めたりします。

株式投資では、業績に比例して長期的な株価の上昇が見込めます。しかし、短期間では、値動きが激しいので、その動きはチャートに見られます。ローソク足などをチェックすることで、移動平均線に株価が近づいてきたら売りどきといった基本的な売買の基準があります。

しかし、チャートパターンだけ見ていると失敗することもあるので、多くのテクニカル分析を利用する投資家は、テクニカル分析も併用します。

過去のチャートのことで、売りサインとか買いサインの参考にできます。株の基本は、安いときに買って高い時に売ることです。過去の値動きを見て、高値になっている時と安値になっている時をマークしておけば、次の売り時と買い時を見極めるわけです。

ちなみに、一番有名なチャート分析の手法にグランビルの法則というのがあります。ジョゼフ・グランビルという人が見つけた売りタイミングと買いタイミングのシグナルがそれぞれ4つあります。多くの投資家が参考にしている法則の一つです。

例えば、上昇トレンドに入った時に、移動平均線が下値支持線になったら買いになるといったパターンです。出現頻度から言えば、株価が移動平均線に到達すれば買いというパターンもあります。

ファンダメンタルとテクニカル

信用取引ってリスクは大丈夫なの?詳しく調べてみた!

株の入門者にとって、信用取引は、自分にないお金を扱うことになるので未だに怖いと思っている人が多い取引です。

確かに、下手をすると大きな借金を背負うことになる取引でもあります。

信用取引にはそれなりのリスクも有る!

しかし、現物取引にはないメリットがあるので、有効活用すると資産を大きく増やすことができます。また、最近では株主優待を取得するためにも使われる方法の一つです。

信用取引のメリットとして、株を売るところから始めることができるという点です。現物取引では、買いから入って、株が高くなったら売るということしかできません。

その点信用取引を使えば、自分が持っていない株を借りて売買に参加することができます。そして、もともと自分が持っていない株を借りて株の売りから入ることを信用売と言い、専門用語で空売りと呼ばれています。

ただし、空売りには、現物取引とは違い、諸経費がかかります。

それゆえ、純利益から諸経費を引いた金額が自分の手元に入る利益だと理解しておく必要があります。諸経費にはさまざまありますが、株式委託手数料や貸株料等になります。

ちなみに、売りから入れる株式銘柄は証券会社によって決まっているので、その点は注意が必要です。

株式委託手数料とは、現物取引と同様に、株を売買した時に発生する手数料のことです。貸株料は、株を貸してもらっている分の手間賃と考えれば分かりやすいと思います。一日借りれば、その一日分の貸株料が課されるというわけです。

また、注意しなければいけないのが逆日歩です。証券会社によって貸すための株が不足している場合に、他のところから株を調達するための費用です。株不足でなければ逆日歩はつきませんが、大幅に不足すればするだけ、逆日歩も高額になることがあります。

信用取引