ファンダメンタルズ分析とかテクニカル分析をちゃんと使い分けよう!

株の入門者にとって分からないのが分析方法です。よくファンダメンタルズ分析とかテクニカル分析とかよく聞きますよね。

最初は何がなんだか分からないものですが、入門者でもテクニカル分析というのは、覚えておくと便利な分析方法の一つです。

テクニカル分析というのは、簡単にいうと短期的な売買において、いつ買えばいいのか、売ればいいのかというタイミングを知るために有効な分析の一つです。

具体的には、チャートパターンやテクニカル指標を使って売りどきを見極めたりします。

株式投資では、業績に比例して長期的な株価の上昇が見込めます。しかし、短期間では、値動きが激しいので、その動きはチャートに見られます。ローソク足などをチェックすることで、移動平均線に株価が近づいてきたら売りどきといった基本的な売買の基準があります。

しかし、チャートパターンだけ見ていると失敗することもあるので、多くのテクニカル分析を利用する投資家は、テクニカル分析も併用します。

過去のチャートのことで、売りサインとか買いサインの参考にできます。株の基本は、安いときに買って高い時に売ることです。過去の値動きを見て、高値になっている時と安値になっている時をマークしておけば、次の売り時と買い時を見極めるわけです。

ちなみに、一番有名なチャート分析の手法にグランビルの法則というのがあります。ジョゼフ・グランビルという人が見つけた売りタイミングと買いタイミングのシグナルがそれぞれ4つあります。多くの投資家が参考にしている法則の一つです。

例えば、上昇トレンドに入った時に、移動平均線が下値支持線になったら買いになるといったパターンです。出現頻度から言えば、株価が移動平均線に到達すれば買いというパターンもあります。

ファンダメンタルとテクニカル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)